mid. パリバージョン。
by maipar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:作る( 11 )
チョッキ。
f0200721_1946926.jpg

最低-9、最高-3、というような極寒期はどうやら去っていったようです。

とにかく寒かった2週間くらいだったかな?
外にもなかなか出られないし、なんだかウズウズするので
とりあえず手先だけでも動かそうと
合間合間にちょこちょこ作っていました。

このベストは指で大きく編むので、あっという間に出来上がります。
夜、チビさんが寝た後にすごい勢いで編み上げました(笑)。
なんか、おじいちゃんみたいだけど。
持続力がないもので、基本的に編み物は苦手なのですが
この方法だと簡単なのに、
普通に編むものよりもむしろ好みのものが出来上がるので
とても気に入っています。
あともうひとつくらい何か作れるかなと思っていたのだけど
あと1ヶ月ちょっとでもう夏時間なんだよなぁ。
そうしたら確か、夜は8時頃まで明るくなるはず。
1−3月があっという間なのは学生の頃だけじゃないんですねぇ。

話、それましたが、
そんなわけでとても充実した時間を送れたのでした。
[PR]
by maipar | 2012-02-20 23:41 | 作る
ミシン その後。
f0200721_7401618.jpg

最近、どうもパソコンの前の椅子に座るのが少ししんどかったりするので
ついついブログの更新が後手後手になっている今日この頃。
ですが元気に生活しています。

そんなわけで結構昔の話になるけれど、
調子が戻ってきた1ヶ月位前は、よくいろんなものを作っていました。
動けるようになったうれしさと、とにかくしばらく出来なかった手を動かしたい気持ちと、
よく「何も出来なくなるよ〜」といろんなところから言われることへのプレッシャーと焦りと(笑)。
今思えばいろんな気持ちが混ざっていたように思うのだけど、
とにかくそういうものに対抗するように無心に手を動かしていた気が。
楽しかったなぁ。

生地を買いに行ったりと外に出たり、手を動かしたりと何か行動をするって本当に大事。
動けなくてもしょうがない時だとはいえ、分かっているつもりでも
やはりずいぶんと内側にいろんなものが溜まって悶々としていた気がします。それまでは。
最後にストレス発散!の機会が得られてよかったです。

この頃よりさらにお腹が重くなった今は、
すぐ疲れるのでなかなか集中して作ったりしにくくなったけど
たまーに少しずつだけど、刺繍を再開。
半年ぐらい途中で放置されていたもので、また途中で終りそうな気配だけど(笑)
ゆったりした気持ちでXday(?!)を迎えられるよう、
しばらくお預けになると思われる自由な時間を楽しみたいなぁと思っています。
いつお披露目できることやら。。


f0200721_7464532.jpg


f0200721_747144.jpg

[PR]
by maipar | 2011-10-29 01:11 | 作る
ミシンと針と
f0200721_4533292.jpg

この間のドイツのおうちには大変お世話になってしまったので
子供たちからもずいぶんといろんなステキなものを頂いてしまったので
姉妹へおそろいのポーチを作ってみることにしました。
それぞれのイニシャルのeとmを刺繍してみたのだけど…
刺しながら、「あ、もしかして今の子はこんなの嫌かな??」
なんて、なんかおばあちゃんにでもなった気分になって心配になったりして。
なんかすごく年取ったような………

でも私自身は久々の針仕事、楽しかった。
少し前まで細かい作業がなかなかできず、すごくもどかしかったので
体調が戻ってきたのが分かったのもすごくうれしかったです。
あんな年の離れた子達からこんな刺激をもらえるなんて。
これからは今までの分もいろいろ作って行こっと。

その後お母さんよりメールがあり、気に入ってくれたよう。
アクセサリー入れなんかにしてくれているみたいで。
うれしいな。よかったー。
[PR]
by maipar | 2011-07-14 05:13 | 作る
フィルム
f0200721_054137.jpg

フィルムの現像を溜めに溜め、9本一気に現像したら
3年前の写真まで出てきました。
よく分からない写真がいっぱい。
これはアルザス地方のコルマール郊外の村で撮ったものだと思います。
6月かな?この時期のぶどう畑はほんとうにきれい。

フィルムはいいなぁ。
温かさが全然違う。
やっぱり時間をかけて作り出すものはしっかりといいものになる。
便利さばかり追い求めていてはだめですね。
これからもまたちょこちょこ撮っていこうと思いました。

そんなわけで大量に写真が増えたので、
また気が向いた時に気が向いた写真を載せていこうと思います。
そうそう、3月初めの旅記もまだだった。いろいろあるのに。
まぁそのうち。
[PR]
by maipar | 2011-04-27 01:06 | 作る
プチ教室。
f0200721_5491889.jpg

来た頃の同じ場所の写真参照。
今はこんなに緑がー。

連日20度を(だいたい25度前後)超し、
晴れ晴れしたものすごく良いお天気の日が続いています。
よく考えたら1年の半分はただひたすら寒いパリにいると、
この太陽、暖かさがいかに貴重で幸せなものかということがよく分かります。
今まで日本で生活している時は四季がちゃんと4分割で来るわけで。
夏なんて、うんざりする程、ちゃんと暑くもなるわけで。
もちろん太陽への執着心なんてものは全くなく、
いきなり晴れるとキャミソールやTシャツになるフランス人を笑っていたものですが。

いつの間にか、心の底から「あぁ〜この季節が来たんだなぁ〜!!!楽しまなきゃ〜!!!」
って、ものすごく幸せを感じるようになっていたのでした。
日本でも、寒い地域の方達はそう感じているのかしら、やっぱり。

でも明日からまた少し、温度が低くなってしまうようです。
もうそこまで落ちることはないとは思うけど、最高が14度でも最低が3度…。
だから、本当に晴れているこんな日は本当に大切!
家に閉じこもっている場合ではない!のです。

今日は、まだ段ボールの残骸が残る我が家で
最近お裁縫に目覚めた友達へのプチ教室。
私はかなり適当にやってしまっているので教えられることなんて何にもないのだけど。
でも私自身もモノ作りの楽しさを思い出す良い機会にもなっていて
最近の楽しみな予定の一つです。
私はただお菓子食べたり本読んだり、無駄に話しかけたり
たまーに自分のもの作ったり、かなり邪魔しているだけだけど。
写真の卓上のお皿は、食べ散らかした後の柿ピーわさび味とおかき。
彼女の周りがベビーブームのようで、そのプレゼントや自分のポーチなど
少しずついろいろ形になってきました。
すごくかわいいものが出来上がりそうな予感。
やっぱりモノが出来上がっていく様子を見るのはすごく楽しい。

で、こんなお天気なので、キリのよいところで切り上げて、
お互いパートナーが不在中の私たちはやっぱり街へ繰り出してしまったのでした。
その様子は、また次で。

f0200721_5494116.jpg

[PR]
by maipar | 2011-04-12 06:24 | 作る
バカの一つ覚え
f0200721_16471412.jpg

f0200721_16473651.jpg

みたいに、少し前はこればかり作っていました。レース編みが自分でできればいいのにとずーっと思い続け、でも鍵あみはどうしてもうまくできずに出会った編み方だったものでうれしくて。
上は先日の誕生日の友達に、下のピアスは自分用。作ったのが夏だったけど、もうこっちではちょっと寒々しいかなー。なんせマイナスいってますからねぇ。寒いですねぇ。

下は先日(もう半年前だ。)ロンドンで買ってきたリバティーのコーティングされた生地で作ったポーチ。刺繍の学校に通っていたのだけど、その時の細々したものを入れるために作った普通の袋。ただまっすぐ縫うだけなのに結構大きいのと縫いにくい生地なのとでなかなか疲れた。外に縫い目が出る所はかわいい感じにもなるけれど、見えない所は、なんか報われない感じがする。ミシン、やっぱり欲しい!欲しい!欲しい!!!

f0200721_1724460.jpg

[PR]
by maipar | 2010-10-22 10:13 | 作る
DNA
f0200721_1718293.jpg

急に日本に戻ることになり、1週間ぐらい居たのち、金曜日にまたパリへ戻ってきました。

寒い。もう8時を過ぎないと明るくならないし、すごーくさむーいので、毎日着込んで出かけています。格好は日本の真冬ではない冬くらい。

日本でのほとんどを京都の祖母宅にて過ごしていたのだけれど、親戚一同が集まっている時、私が昔作った指輪をしていたのを見て祖母が何かに気付き、奥の部屋から指輪を出してきました。その2つが上の写真。左が私作、右が祖母作。作り方こそ違えど模様、幅だけでなくリングのサイズまで同じ。あまりのそっくりぶりに一同おぉーっと沸いたのでした。ほんとに驚いた。

後日、洋裁は好きでも編み物が苦手というところも同じだと分かったり、私以外にも「あ、この人のあれはこんなところにルーツがあったのかー」という事が続出。知らぬ間に、そして自分が思っている以上に血って受け継がれているものなのかもなぁと思った一週間でした。

そろそろパリのこともアップしようかなぁ…と思っていた矢先の帰国だったので、またぼちぼちパリのことも載っけていこうと思います。
[PR]
by maipar | 2010-10-18 11:21 | 作る
手仕事
f0200721_365143.jpg


f0200721_374723.jpg


f0200721_310558.jpg


帰ってからのとりあえずの大きなノルマたちが一段落ついたので、とにかく動かしたくて動かしたくてたまらなかった自分の手先を動かしています。本当はフランスでこれがしたかったのだけど。結局ほとんどできなかったので。。アイデアが浮かんでくることもなかったし。。ということで、楽しくて楽しくてたまらない今日この頃です。

これから刺繍をやりたいので、図案を買ってきてやってみたり、指編みで編んだシュシュたちと(毛糸がちょっと暑苦しいですが。)、フランスにいた時見つけたサイトでずっと気になっていて、帰ったら本を探してみようとずっと思っていたTattingというレース編み。どれも最初は糸なのに、こんなに姿をかえてしまうのが楽しい。あー楽しい。楽しーーーい。

とりあえずちょっと時間ができそうなので、帰ってからのことや、未だアップしていないフランスのことなど少しずつまた今度。
[PR]
by maipar | 2010-07-30 03:27 | 作る
スタンプ
f0200721_21525797.jpg

結構前の話だけれど、仕事がバタバタしていて落ち着きがなかったころ、手先が動かしたくて動かしたくてたまらないのに全然余裕ができずにうーーーーーっとなってしまっていた時によく通勤電車の中で、訪れた町の家の絵を描いていました。何せ、毎日往復2時間強電車に乗っているので。それで久しぶりにそれを彫ってみようと思い、時間を見つけては少しずつ彫っていってみた。これは去年の9月、ムールをたらふく食べたリールの広場の写真から、です。かなり雑だけど。

久しぶりに少しでも集中する時間ができて楽しくて、この辺りからすごく落ち着いてきた。
そういうもんですね。
[PR]
by maipar | 2010-04-10 15:01 | 作る
graffiti
f0200721_22122910.jpg

あっちゅう間に5ヶ月目も半分過ぎました。
年末が折り返し地点です。4年前ならここで帰っていたのだから、本当にあっという間。

温度の上下はありつつも少しずつ寒くなってきているので、長い冬に向けて身の回りをいろいろと充実させていきたいなぁと思いつつ、まずは壁が寂しかったので絵を描いてみた、というか落書きした。最近作ると言えば食べるものばかりだったので、手先を動かしたかったのでちょっと満足。

カルティエの美術館の落書き展、見に行きたいなぁ。
[PR]
by maipar | 2009-11-14 14:23 | 作る