mid. パリバージョン。
by maipar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
コロコロ
f0200721_7424981.jpg

まだはいはいはしないのですけど
最近少しずつ様子が変わってきて、ずいぶんと動くようになりました。
寝返りが反対側も「なんとか」できるようになって、
あっちへころころ、こっちへころころと、気付くとびっくりする所まで動いていたり。
後ろ側にはなんとなく動いているような、いないような。
今週から暑いからか、マットの上からフローリングに出ても戻ってくる気配がなく
むしろどんどん離れていきます。
冷たくて気持ちいいのか、ただコントロールできないだけか(笑)。

お座りの時に腰を持ち上げてドンドンと跳ねたり
1,2週間前には全くなかったけど、確実に前に行こうとしているのもわかるように。
まだまだ動かないと思っていたけど、そろそろ部屋のチビ対策をしないとなぁ。

あとは拍手のように前に手を持ってきて叩いてうれしそうにしたりします。
まだ全然拍手の意味ではなくて、ただ叩いているだけなのだけど。
それにまだまだ手の使い方は器用ではないですが、
「どうぞ」とこちらの手の上におもちゃを持ってきたりするようになったのもここ1週間くらい。
ほめてあげるとすごく喜びます、、、が、
半分はどこか違うところに落とします(笑)。

最近、うちわの風(外で強い風が吹いた時もだけど)を受けるのが大好きで
仰いでもらっては足をバタバタしながらキャッキャ言っているのだけど
この間自分で取り上げたうちわをまた「どうぞ」していました。
「もっとやって♪」と言わんばかりに(笑)。
あーそんなことができるのかー、と感心した出来事。

それともう一つは写真の下段真中。
ちょっと見ていなかった隙に、
静かーにおもちゃ箱をひっくり返して全てのおもちゃを外に出していたのでした。
偶然なのだけど、細長いものがちゃんと揃えられているのがおかしかった。
日々いろんなことができるようになっていくのだなぁとまた感心。

柵とか必要なのかな。あまりこちらでは見かけないような?
いろいろ荒らされそう(そして荒らされてはとっても困りそう)なエリアがなかなかたくさん。。
早くどうにかしないとなぁ。
[PR]
by maipar | 2012-07-26 01:14 | こども
Tour de France
f0200721_734023.jpg

先週末で全日程が終わったツール・ド・フランス。
土曜日はシャルトルでゴールするということで、見に行ってみることにしました。
私、ツール・ド・フランスって、ずーっとひたすら走り続けているのかと思ったら、
各ステージ毎に毎回ゴールがあるのですね。
コースもすべてが繋がっているわけではなくて、毎年招致活動の末変わるらしい。
しかも個人戦だったり、団体戦だったりと。
私は今までシャンゼリゼのゴールしか見たことがなかったので
団体でシャーーーッと走り抜けていくイメージだったのですが
シャルトルは個人戦のタイムトライアルということで、一人ずつ走ってくる
箱根駅伝のような雰囲気でした。
私たちは街からちょっと離れたところで見ていたので余計に。
日本人の選手も居たそうです。見たかったなぁ。

子どもたちがお休みに入った時期でもあるし
お祭りの雰囲気がとても強いのだなぁと思いました。
レースが始まる前、協賛会社たちの派手にデコレーションされた宣伝カーたちが通るのだけど
ここからちょっとしたお菓子や帽子などのグッズを沿道に向かってどんどん投げてくるんです。
それをみんなでキャーキャー取り合うという。
これがツール・ド・フランスの名物で
これ目当てで来る人たちも多いと聞いていたのだけど、
実際、結構たくさんいた人たちが、レース前になるとパラパラいる程度に(笑)。
私たちの今回の収穫は、右下の写真です。
オレンジのは、良く分からない(笑)けどポンチョみたいなものかな?
それからサラミにクラッカーにマドレーヌに警察のキャラクターのキーホルダー。
大きなエコバックを配っている会社もあって、それに収穫物をたくさん詰めて帰る人も。
子どもも大人もみんなで手を伸ばしている様はちょっとおかしかった(笑)。

中段右は、麦畑。
シャルトルは渋谷や丸の内にあるVIRONというパン屋さんが使っている粉の
その名もVIRONという製粉会社がある場所でもあります。
こんなに麦のなっている所を見たのは初めてだったのだけど、きれいだったなぁ。

そして翌日はパリでの最終ゴール。
ちょっとかぶれた私たちは散歩がてら、セーヌ川沿いの途中のコースを見に行くことに。
それが下段真中の写真です。
ここでも日本人選手を見逃す(笑)。
こちらは団体戦でまだ固まっていたのであっというまに全員が通り過ぎて行きました。
そしてバスに乗って急いで戻り、シャンゼリゼのゴールをテレビで見ました(笑)。

全くの素人なのに、一気にツール・ド・フランス漬けになった週末だったのでした。
[PR]
by maipar | 2012-07-25 01:12 | イベント
le 14 Juillet
f0200721_7305394.jpg

だいぶ前の話になってしまうのだけど、7月14日のことを。
日本ではパリ祭とか革命記念日とか言われているけど
フランスでは"le 14 Juillet"(キャトーズ・ジュイエ=7月14日)
と言うのです。そのまんま。
なんでこんな特別な名前があるのだろうと毎年思いながら
何年も過ごしてしまっています(笑)。

キャトーズ・ジュイエには、
朝からシャンゼリゼで大統領の参加するパレードがあり
夜にはエッフェル塔や各地で花火があがります。
我が家からも、はっきり全部とはいかないまでも見ることができました。
近くまでいくと、花火に合わせた音楽がなっていたり
エッフェル塔の光が消えたり色が変わったりと
とても素敵なショーがみれるはずなのだけど、
22時を過ぎても明るいこの季節、花火が始まったのは結局23時前。
大人しく家から楽しむことに。
寒かったので、ニットのカーディガンを羽織りながら(笑)。
一番左は、よく分からなくなっているけどハート型。
ブローニュの方でも少し上がっているのが見えました。

そしてこの日をもって、少しずつバカンスシーズンに突入していきます。
本格的には8月近くなってから。
お店はだいたい2週間〜1ヶ月くらいの休みに入ります。
近所の好きなパン屋さんも来月始めまでお休みに入ってしまい
ちょっとさみしい今日この頃ですが、
車も人も少なく、シャッターを締め切ったアパートがあちこちで見かけられ、
シーーーンとしているパリは結構好きだったりします。
我が家のバカンスまでもあと少し。
[PR]
by maipar | 2012-07-25 00:31 | イベント
タワー。
f0200721_7292635.jpg

散歩コースのネタが尽きてきて…最近はここばかり。
先々週は結局平日と週末と、2度来ることになり、今年はこれで何度目かな。
エッフェル塔前の公園、シャンドマルス公園というところです。
ここまで歩いて30分かからないくらいなので、ちょうどよい散歩コースなのです。
なんとなく飽きてきた感じもあるのだけど、
きっと日本に帰ると、もっと行っておけば!と感じるのだろうなぁ。

いつも天気の良い時にピクニックをしたり、芝生とその周りしか知らなかったのだけど、
ちょっと入ってみると庭園のようになっている場所があったり、
写真のように子供向けのコーナーがあったりしました。知らなかった。
この公園は東西に細長く、最西端にエッフェル塔があるという作り。
いつも東側ばかりだったので、久しぶりに塔の麓まで行くと
いきなり雰囲気がガラッと変わり、
急に観光客だらけになったのでびっくり。
週末なのもあったかもしれないけど、こんな雰囲気だったかなぁ。

まだまだ涼しい日は多いのだけど、ずいぶん夏寄りの季節になってきたパリです。

……と、書いてそのままにしていたら、夏が来ました(笑)。
今日は30度まで。
明日明後日はまだもう少し上がっていきそうです。
日本のような湿度はないけれど、やっぱりムシっとはします。
そしてクーラーどころか扇風機すらないので風通し命なのだけど……
今日は全然通っていきません。
今夜は寝苦しい夜になりそうです。

でも、今年は本当に天気が悪く待ちに待った夏。
いつまで続くかわからないし、
この太陽を目一杯楽しんでおきたいと思います!
[PR]
by maipar | 2012-07-25 00:29 | 散歩
続離乳食。
f0200721_20225996.jpg

離乳食のその後。

夜の睡眠がだいぶ改善されたとはいえまだ一定でないので
朝はまだ母乳のみにしてしまっているのだけど
昼、おやつ、夜は、だいたいこの間のメモのような感じで進めています。

そんなわけで夜が忙しくなった。
お風呂、自分たちのご飯に、離乳食などなど、、、気づいたらもう眠そうにしていて。
目が回るような忙しさでは全然ないのだけど、
もう少しうまいこと回るように上手な時間配分を考えたいなぁというところです。

写真はこちらならでは(…かな?と勝手に私が思った)の食材たち。
一番左は赤ちゃん用のパスタ。
この間のメモにアルファベットのパスタと書いてあったのだけど、
こちらでは会社に関わらず、赤ちゃん用のはアルファベットの形をしている、
ということのよう。とてもかわいらしい。
とってもちいさいので、もう少ししたらそのまま食べられるのかな。
卵は入っていなくて、色もパセリとニンジンでつけられているナチュラルなものです。

お隣はかなり細かいクスクスみたいなもの。
クスクスとは、北アフリカなどでの主食?になるのかな?(あやふや)
よく野菜を煮込んだものなどと一緒に食べるつぶつぶ状のものなのですけど
原材料はパスタと同じデュラムセモリナ粉。
これはつぶす必要がないしグツグツ茹でる必要もなく楽なので使いやすいし
チビさんも今のところよく食べています。
一緒に混ぜた野菜のピュレが好きな味だっただけなのかもしれないけど。。

おかゆも食べています。
今のところ、なぜかおかゆが前面に出た感じのものはあまり食べたがらない…。
ちょっとドロドロしすぎて食べにくかったのかな…
混ぜるものが多ければ多いほどよく食べている気がする。。
またいろいろと試してみようと思います。

そして隣の写真は乳製品たち。
やはり乳製品はいろんなものがあるので、親も試すのが楽しい(笑)。
上はフロマージュブランとプチスイスというフレッシュチーズです。
フロマージュブランの方は全く甘みのないものを買ってきたので
場合によって食べたり食べなかったり。
プチスイスはほんのりだけど甘いので良く食べます。
ヨーグルトも食べてます。
下はキリ。上に比べるとちょっとかためなのでずっとあげていなかったのだけど
潰してちびちび食べさせてみたら
不思議そうな顔をしつつ、でも自ら口を開けてきて結局ひとつ全部食べました。
すこしずつモグモグできるようになっているのかな。
キリって久しぶりに食べたけど、子供向けとは思えないほどおいしいなぁ…
と私もはまって今回ファミリーパックを購入(笑)。

日本のレシピなどを見ていると、おうどんなども出てくるので
あげてみたいのだけど、どうもこちらでは貴重品だし
ちょうど切らしているしでまだあげていません。
あぁ私もおうどん食べたいなぁ。。

野菜はあまり種類に変化がないけど、トマトやさつまいも、カリフラワーなどが増えたのかな。
それと、離乳食用のアーティチョークのピュレが売っていたので
単なるミーハー心で食べさせてみました(笑)。
とくに変わった味がするわけではないので、普通に食べていました。。

お肉は今のところ、鶏、牛、子牛、七面鳥。魚は鯛とタラ。
お魚はタラを買いに行ったら鯛のほうが安かったので、最初は鯛になったのでした。
鯛と言っても、日本のような大きな赤い鯛ではないので、それで安いのかな?
普通においしいですけど。

果物は、この間禁止だったイチゴなど赤い果物を追加。
そのほかにはマンゴーや桃、杏なども食べています。
相変わらず野菜などは物によって時間がかかったり泣きわめいて拒否したり
そんなこともままあるけれど、果物はどれでも早い早い。
他の何よりも大きな口を、
スプーンを持って行く前から自主的に開けて待っているという違い様。
わかりやすいなぁ。

そんなわけで、赤い果物、小麦粉、乳製品、
はとりあえずクリアした様でよかったです。


あぁ…赤ちゃんの話だとは思えないくらいの種類の豊富さですねぇ…。


おなかがすいてきたのでこの辺で…。
[PR]
by maipar | 2012-07-20 13:22 | こども
8ヶ月。
f0200721_8193827.jpg

8ヶ月になりました。
まだ半年のところから頭がついて来れていない気が。ほんとに早いですね。
顔や体の大きさは1歳児にも負けず劣らず。
こちらでもこの大きさにびっくりされることが多いです。
この間はデパートのエレベーターで「もうよく歩いてるんでしょ?」
といきなり声をかけられました(笑)。

でも寝返りはまだうつ伏せへも仰向けへも一方向のみでゆーっくりだし(笑)
つかまり立ちもはいはいもまだまだする気配はないですね。
お気に入りのおもちゃでも、ちょっと遠くに行っちゃうと
取りに行くのを諦めちゃう。で、叫ぶわけでもなく(笑)。
ま、今のところ遅れつつも少しずつ進んできているので特に心配はしていませんが。

数日前に1ヶ月半ぶりの検診がありました。
離乳食を始めてから一気にずっしりしてきたのを感じていたのだけど、
その通り、なんと10キロの大台に到達してしまいました。
いやー、重い重い。
はいはいはいつのことになるのやら(笑)。
今回は身長も結構伸びて72センチ。
チビデブでないので、まぁ良しとしましょう。。

そして今回は離乳食も次の段階へ進めるべく話を聞いてきました。
先生からのプランはこちら。

続き。
[PR]
by maipar | 2012-07-10 01:23 | こども
ご近所レストランその2: La Véraison
f0200721_82198.jpg

そして今日は旦那さんの友人夫婦が新婚旅行でパリへ来ているということで
これまた徒歩圏内(どちらかというと前に住んでいた所の近所)にある
鉄板焼きが得意というレストランへ行ってみることにしました。

簡単な昼なら、3人でたまに外食もするのだけど、
やはりこんな機会でもなければ
夜はまず出ることはないので、本当に久しぶりでうれしかった。
このご夫婦に感謝。

セットメニューだととてもお得だったのだけれど、
アラカルトメニューがとてもおいしそうだったので別々に頼むことに。
前菜はホワイトアスパラガスの冷製スープ。
お塩とスパイスが少しだけ利かせてあって、アスパラの甘みとマッチしてとてもおいしかった。
やっぱり私は前菜が好きだなぁ。
メインは、私はメカジキ。
下に敷いてあるマッシュともとても合っていたし
オレンジのような、酸味がちょこちょこ利かせてあるのも
脂がのったメカジキには良かったです。おもしろい味付けだった。
お隣は、イベリコ豚です。
味見させてもらったらこれも柔らかくておいしかった。
ちょっとキャラメリゼされていたような?
デザートはとっても甘かったけど(笑)、手作りの塩キャラメルバターアイスがおいしかった!

お店の人たちもとても感じが良かったし、
またぜひ来てみたいなと思うお店でした。
なかなか気軽には行けないけれど、いるうちに少しずついろんなお店を開拓していけたらいいな。
[PR]
by maipar | 2012-07-07 02:00 | ゴハン・おやつ
ご近所レストランその1: Afaria
f0200721_757258.jpg

やはりなかなか外食、特にフレンチは行きにくくかなりご無沙汰していたのだけれど
友人が遊びに来ていた1ヶ月ほど前、男性二人にお留守番をお願いし(笑)
ランチに行かせてもらいました。
チビさんのいない外出、いつぶりだろう。
とっても身軽(笑)。でもなにか物足りないような、不思議な感じです。

行ったのは家から歩いて15分ほどのバスク料理のレストラン。
今回教えてもらって行くことにしたのだけれど、
ここ、いつも通っている赤ちゃん用品店の隣だったのでした。
こんなところにレストランがあるんだなぁと思いつつ、全く鼻を利かせられなかった私。
まだまだだなー。

13時だったか、到着するとほぼ満席。
タパスもあるようだったので、尋ねてみると、外のテラス席のみとのことで残念。
今回選んだのは、前菜がアボガドのガスパチョに鯛のタルタル、
メインが豚と野菜のバスク風煮込みのようなもの(細かくは忘れました…)。
特にこのガスパチョがとっっってもおいしかった。
一つずつ味わっても、すべてを混ぜてもどちらでも。
サーブの仕方も、まずタルタルとクリームがちょんちょんと乗せてあるお皿が運ばれ
その上からアボガドをかけ入れてくれるのが楽しかったし。
また食べたいなぁ…。
煮込みも季節のグリーンピースなど野菜入りでおいしかったです。
奥に見える、付け合わせのマッシュポテトを揚げたようなものも
ふんわりチーズの味がしてとてもおいしかった。
でもバスク料理は、とにかくボリューム満点。
いつもならデザートまでペロッといっちゃいますが、さすがにこの日はここで断念。

ベビーカーでの赤ちゃん連れも何組かいたし、テラス席のタパスも気になるし
次回はぜひみんなで食べに来たいなぁ。
やっとやっと、テラス席の気持いい季節が来たようなので。
しかし雷雲が次々と多発してますがね。。
ほんと、「いい天気!」はいつ来るのだ!!
[PR]
by maipar | 2012-07-07 01:33 | ゴハン・おやつ